鹿島神宮

どこで?
茨城県鹿嶋市

何したい? ⛩観光・おでかけ

ジャンル  観光名所 お散歩 撮影スポット


取り組み・設備・サービスのご案内
マスク着用
駐車場有り


東国三社参りの一社
鹿島神宮 【WEBサイト】
店舗掲載期間:2023/07/10まで
情報修正依頼はこちらから

境内には鹿園があり、神使(神の使い)の30数頭の日本鹿が飼育されている

境内には鹿園があり、神使(神の使い)の30数頭の日本鹿が飼育されている
境内には鹿園があり、神使(神の使い)の30数頭の日本鹿が飼育されている
Tel:0299-82-1209
所在地:茨城県鹿嶋市大字宮中2306-1
定休日:無休
全国にある鹿島神社の総本社。千葉県香取市の香取神宮、茨城県神栖市の息栖神社とともに東国三社の一社として知られています。
御祭神は『古事記』と『日本書紀』に登場する武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)です。
武甕槌大神は「国譲り神話」において重要な役割を果たした神様です。
「神武東征」の話では、神武天皇に自らの剣「布都御魂(フツノミタマ)」を与えて助けました。
これに感謝した神武天皇が武甕槌大神を祀ったのが鹿島神宮の始まりです。
日本神話最強の武神・勝利の神様として、源頼朝や徳川家康も参拝したそうです。

【パワースポット】
勝負運アップのパワースポットということで、何かを始めようとする時に参拝すると良いそうです。
境内では、地震を起こすと信じられていたオオナマズの頭を押さえているという「要石(かなめいし)」が見どころです。
境内の森はとても広く木々の呼吸を感じながらのんびり散策することができます。

近くのお店もチェック!